良いプログラミングスクールを見極めるための7つの条件

更新日:

プログラミングスクールを利用してプログラミング学習をすることは非常にメリットがたくさんあります。

たんに趣味ではなく、将来の職業にするためには実践的な学習と業界内でしか知られていない知識が必要で、それは独学よりもスクールを利用するほうが得られやすいからです。

ただし現在ではプログラミングを教えるスクールはたくさんあり、全くの未経験者が良いスクールを選び出すことは至難の業です。

プログラマーへの道を切り開いてくれるような質の良いプログラミングスクールを見極めるためには、以下に解説する7つの条件をチェックしましょう。

1.就職サポートが充実している

プログラミング自体は、効率は良くありませんが独学でもマスターすることは不可能ではありません。

しかし、いくらプログラミングの技術を知っていたとしても、それがどの業界のどんな仕事で使えるスキルなのかを知らなければプログラマーにはなれないのです。

また、就職サイトやハローワークなどを利用しての就職活動をすときにでも、どこの企業を選んでいいのかさえ分からず、手探りの状態に陥ってしまいます。

このようなやり方でせっかくのスキルがあるにも関わらず、プログラミングの技術を就職に役立てられない人がたくさんいます。

そしてそれはプログラミングスクールを選ぶときにも同じことが言えます。

「無料スクール」は、それなりのプログラミングを覚えることはできますが、就職支援などはありません。

せっかくスキルを身につけても、うまく就活に役立てられていないのです。

その点、有料のプログラミングスクールならば、通学タイプ・オンラインタイプに限らず就職サポートを実施しているところがほとんどです。

中には有料スクールでも就職サポートがないところもあるので、まず最初にチェックしましょう。

ここがまずスクールの質を見極めるのに大切なポイントです。

2.講師陣のレベルが高いスクール

次にチェックしたいのが「講師陣のレベル」です。

プログラマーという職業は、レベルの差が大きく出るものだからです。

基本的なことを教えるだけならば、スクールを卒業したばかりの人でもできますが、それでは実践的なプログラミングを身につけることはできません。

中には素人に毛が生えたレベルの講師陣を揃えたプログラミングスクールもあるので、注意する必要があります。

現在ではプログラマーの人材が不足しているので、大小プログラミングスクールが開講されていて、講師陣の人材もまた不足しています。

同じような料金を支払っているのですから、やはりレベルの高い講師に習わなければいけません。

人気の高いプログラミングスクールならば、講師陣もレベルの高い人材を揃えているものです。

有名IT企業の出身者や現役プログラマーなど、講師陣の肩書がはっきりと明記されているスクールを選びましょう。

講師陣のレベルが低いと、最近では使用されなくなってきた古いプログラミング言語を使用するなど、授業のレベルも低くなりがちなのです。

3.カリキュラムのレベルが高いスクール

最近ではどのプログラミングスクールも、短期間でスキルを修得できるカリキュラムを提供しています。

しかし、受講生側のIT知識のレベルは様々ですから、落ちこぼれを作らないような優れたカリキュラムを持つスクールを選ぶ必要があるのです。

カリキュラムに自信があるスクールは、たいてい何度も更新した内容を持ち、どんな受講生が来ても理解できるようにしてあります。

また、古くからある有名なスクールも、カリキュラムの質を高めている場合が多いようです。

ただプログラミングの仕組みを教えるだけではなく、実践的なカリキュラムを持つところかどうかをチェックするのもスクールのレベルを見極める方法の一つでもあります。

4.質疑応答のシステムを持つスクール

プログラミング学習をしていると、しょっちゅう理解できないところが出てきます。

これを自分で調べていたのでは時間がかかりますし、スクールに授業料を支払っている意味はありません。

疑問に対して即座に答えてくれるシステムがあってこそ、プログラミングスクールを選ぶメリットがあるのです。

優秀なプログラミングスクールでは、質疑応答が速やかに行えるようなサービスを提供しています。

リアルタイム授業ならば、チャットを使ったり、別時間に専門のスタッフが疑問に対して回答してくれるといったサービスです。

こちらで時間を指定するオンデマンドタイプや個別授業ならば、さらに疑問をすぐに解消してくれるでしょう。

独学や無料のプログラミング講座と、有料のプログラミング講座の最も大きな違いはここにあります。

とくに、パソコンにも不慣れで分からないところだらけの初心者の人は、この部分をチェックしなくてはなりません。

5.適切な料金体系のスクールを選ぶ

冒頭でも説明しましたが、最近ではプログラミングスクールの需要が増えたことで、参入企業が増えています。

元々プログラミングとは関連性の薄い企業などは、料金体系も相場からかけ離れていることがあるのです。

逆に言えば、相場価格で運営しているスクールならば安心です。

オンラインライプのプログラミングスクールならば、5万円から10万円前後、通学タイプならばその3~4倍が相場です。

それ以上に高額なスクールや、逆に安すぎるスクールも信用できません。

6.活動が活発なスクールを選ぶ

現在IT業界が経済市場の中でも、最も勢いのある業界であることはみなさんご存知なはずです。

こういった業界ではどんどん新しいものが開発されて勢いがあり、常に進化し続けているのです。

プログラミングスクールも、スクールだけで独立しているのではなく、IT業界が提携し協力して盛り上げているところが狙い目です。

イベントやコンテスト、ミーティングやセミナーなどがさかんに行われているスクールは、業界ともつながりが深く、卒業後の就職のためにコネクションを作りやすい傾向にあります。

それは通学タイプのスクールだけではなく、オンラインタイプでも同様です。

また、通学タイプとオンラインタイプの両方を持つようなスクールもおすすめです。

7.メンタルサポートが充実しているスクールを選ぶ

プログラミングスクールは、ただの”習い事”ではありません。

就職先を決めたり、転職のきっかけにするわけですから、人生のキャリアそのものにも影響が及びます。

プログラミングを学習し、実際にプログラマーになるまでには様々な悩みが持つこともあり、精神的なカウンセリングとアドバイスが必要になることも少なくありません。

評価の高いプログラミングスクールは、こういった部分でも充実しています。

教えっぱなしではなく、プログラマーになるまでのトータルでサポートしようという姿勢のあるスクールかどうかもチェックしたいところです。

まとめ

プログラマーになるためには、どれだけ良いスクールを選ぶかで成否が分かれるとも言えます。

当ブログの別ページに、評価の高い優良なプログラミングスクールの詳細を解説しているので、スクール選びの参考にしてください。

現役エンジニアのオレがすすめるプログラミングスクール3選

IT関係の職業の中でもとくに不足しているのが「プログラマー」非常に将来性の高い業種なので、新卒者・転職者ともに希望をする人も増えているが、そこで不可欠なのが「プログラミングスキル」だ。

独学はお金がかからないというメリットはあるが、それ以外は無い。むしろ疑問の解消やスピード感、さらに最新の技術取得を考え、プログラミングスキルを習得するためには、専門のスクールが早道だということ。

1位:自宅で学べるオンラインスクール【TechAcademy】

「TechAcademy」は、日本e-Learning大賞・プログラミング教育特別部門賞を受賞した注目のプログラミングスクールです。

ライブ授業形式で進められる質の高い授業と、マンツーマンメンタリングといわれるカウンセリング機能の充実。

担当が1日8時間常駐して生徒の質問や不安の相談などを受け付ける、サポート体制が強いところが最大の特徴です。

2位:全国オンラインで学べる【WEBCAMP ONLINE】

WEBCAMP ONLINEは、運営企業が通学型や転職保証型のスクールを同時運営しているという規模の大きさが魅力。

最近の人気の高いオンラインスクールは、どこもサポート体制が優れていますが、WEBCAMP ONLINEも週2回のメンタリングサービスが提供されています。

おそらく業界でも最安値の10万円以下という低価格で、費用面で不安がある人に最適は疑いのないトコ。すでに3000人以上の卒業生がいます。

3位:TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::CAMPは全国で8ヶ所の拠点を持ち、プログラミングだけではなくIT/ネットビジネス全体のスキル習得を目指せる総合スクール。

生徒の質問や意見を取り入れ、授業内容を何百回も見直しているとのことで、勉強があまり得意でない人でも体感的にプログラミングスキルが身につけられる工夫が随所に見られます。

TECH::CAMPは主要都市に拠点が設けられていて、受講生は自由に利用することができます。受講料金がオンラインスクールの中では高額になりますが、カリキュラムのレベルやサービスの質の高さを考慮すると特別高くは感じないでしょう

Copyright© プログラミングスクール比較|プログラム歴10年のオレがおすすめ! , 2018 All Rights Reserved.