プログラミング学習後にプログラマーになるための就職方法

更新日:

プログラミング学習をして、会社でも通用するレベルにまでスキルが身についたら、いよいよ就職をする段階に入ります。

しかし、プログラマーは他の職種と違って業界自体のことがあまり一般的に知られていません。

就職する会社を選ぶときにもそれなりの知識が必要なことは言うまでもありません。

また、プログラミングを学習する時点で就職段階のことを想定して学習方法を選ぶことも大切です。

プログラミング学習修了後に、プログラマーになるための就職方法をいくつか知っておきましょう。

独学でスキルを身につけた人の場合

独学でプログラミング学習をし、ある程度実務でも通用するスキルのある人ならば、就職情報サイトや転職サイトを利用しましょう。

プログラマーのスキルは就職ではかなり武器になるので、就職・転職エージェントに登録をすると、さらに良い企業を見つけてくれるはずです。

ここ数年でプログラマーの需要は高まり、人材不足が叫ばれています。

中には、スキルが十分でない学習中のプログラマーの卵を、青田買いするような企業もあるようです。

プログラミング学習がある程度済んでいる人は、これらの就職サイト・エージェントを利用し、就職活動を始めましょう。

ただし、転職をされるような方ならば、”ハローワーク”を利用しようとするかもしれませんが、これはあまりおすすめできない方法です。

ハローワークでもプログラマーの求人は出ていますが、あまり労働条件が良い企業を見つけることはできません。

ハローワークは人材確保に資金を使いたくない、あまり業績の良くない企業が求人を出していることが多いので、最初から可能性を潰す行為だとも言えるのです。

独学でプログラミングスキルを学んだ場合には、スクールを利用した場合よりも、就職活動が少し難しくなる傾向にあることを覚えておきましょう。

スクールと提携する企業を紹介してもらう

まだこれからプログラミング学習をする人ならば、通学タイプやオンラインタイプのスクールを利用すると、提携しているIT企業などを紹介してもらえることがあります。

中には学習もさることながら、就職の紹介の方により力を入れているスクールもあり、これは学生にとってはありがたいことです。

スクールと提携しているようなIT企業は、資金力があるような注目企業が多く、誰でも知っているような有名企業も少なくありません。

こういった企業こそたくさんのプログラマーを欲しがっているので、学生の段階から人材確保のために活動されているのです。

通学タイプのスクールでもオンラインタイプのスクールでも、就職支援はたいてい実施されています。

自分で就職情報サイトから応募先を探すよりも、効率よく就職活動ができるでしょう。

卒業コンテストを頑張る

プログラミングスクールでは、プログラミングの基本とともに、練習作品を制作することを推奨しています。

また、カリキュラム修了後に作品コンテストが開催されることも多く、審査員はスクールの運営だけではなく、IT企業やプログラマーを必要とする企業の人がしています。

練習作品は自分のスキルをアピールできる最大のチャンスであり、評価によっては大手の企業へスカウトされるのです。

作品コンテストをたんなるスクールのイベントと思わず、就職活動の一つだと捉えて頑張ることも良い就職を成功させる方法の一つだと言えるでしょう。

そのためには、授業を受けている段階から独学を併用してスピーディーに学習を進めていく意識が大切です。

より作品制作に時間を割けるように、基本学習を早めに終わらせておくことも、プログラマーへの就職で重要なことなのです。

インターン制度を利用する

プログラミングスクールには、インターン制度を設けているところもあります。

スクールに通いながら実際の企業に出勤し、現場を体験することができるのです。

スクールによってはかなり有名な企業と提携しているところもあるので、内容の詳細を尋ねてみて興味があれば積極的に参加しましょう。

インターンを経験することで、これまで知らなかった業界とのパイプや人脈ができることもあるので、後のプログラマー人生の大きな財産となるはずです。

プログラマー派遣に登録してみる

実務未経験で自信がない場合などは「プログラマー派遣」に登録するのも一つの手です。

転職サイトや転職エージェントでも扱っている派遣ですが、一般の派遣会社と比べると、スキルの必要な職種である分、給与も高めです。

派遣である程度の実績を積んで自信をつけ、自分が本当に入りたかった企業にチャレンジすると、合格率も高くなるはずです。

派遣でいくつかの企業で実務をすると、プログラミング業界のことが体感的に理解できるというメリットもあります。

フリーランスで仕事を取る

プログラミングの仕事は、社外外注でも募集しているので、フリーランスとしてもすぐに仕事を始められます。

ただし、フリーランスこそが最も即戦力を求められる就業スタイルです。

基本とされる部分をクライアントに質問することはできませんので、自分のプログラミングスキルが実践で通用するものかどうかをしっかりと見極めておくことが大切です。

また、フリーランスとは少し違いますが、プログラミングのスキルを生かして自分でサイトを立ち上げたり、アプリを制作して自ら販売したりネットビジネスを始めてしまうのもありです。

かなりハードルは高いですが、成功している人も少なくありません。

まとめ

プログラミングスキルを修得すれば、就職で非常に強いアイテムになります。

プログラマー希望者の就職活動も、それ以外のものとは方法が違うのです。

また逆に、就職活動のことを考えて、プログラミング学習の方法を選択するというのも大切なことです。

独学でプログラミングスキルを学べば、コストは安く抑えることができますが、就活も自力でする必要があり、壁の高さを感じるでしょう。

オンラインスクールでは、学習コストもそれほど高くなく、就職支援が充実しているので、全くの未経験者のプログラミング学習としておすすめできるものです。

現役エンジニアのオレがすすめるプログラミングスクール3選

IT関係の職業の中でもとくに不足しているのが「プログラマー」非常に将来性の高い業種なので、新卒者・転職者ともに希望をする人も増えているが、そこで不可欠なのが「プログラミングスキル」だ。

独学はお金がかからないというメリットはあるが、それ以外は無い。むしろ疑問の解消やスピード感、さらに最新の技術取得を考え、プログラミングスキルを習得するためには、専門のスクールが早道だということ。

1位:自宅で学べるオンラインスクール【TechAcademy】

「TechAcademy」は、日本e-Learning大賞・プログラミング教育特別部門賞を受賞した注目のプログラミングスクールです。

ライブ授業形式で進められる質の高い授業と、マンツーマンメンタリングといわれるカウンセリング機能の充実。

担当が1日8時間常駐して生徒の質問や不安の相談などを受け付ける、サポート体制が強いところが最大の特徴です。

2位:全国オンラインで学べる【WEBCAMP ONLINE】

WEBCAMP ONLINEは、運営企業が通学型や転職保証型のスクールを同時運営しているという規模の大きさが魅力。

最近の人気の高いオンラインスクールは、どこもサポート体制が優れていますが、WEBCAMP ONLINEも週2回のメンタリングサービスが提供されています。

おそらく業界でも最安値の10万円以下という低価格で、費用面で不安がある人に最適は疑いのないトコ。すでに3000人以上の卒業生がいます。

3位:TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::CAMPは全国で8ヶ所の拠点を持ち、プログラミングだけではなくIT/ネットビジネス全体のスキル習得を目指せる総合スクール。

生徒の質問や意見を取り入れ、授業内容を何百回も見直しているとのことで、勉強があまり得意でない人でも体感的にプログラミングスキルが身につけられる工夫が随所に見られます。

TECH::CAMPは主要都市に拠点が設けられていて、受講生は自由に利用することができます。受講料金がオンラインスクールの中では高額になりますが、カリキュラムのレベルやサービスの質の高さを考慮すると特別高くは感じないでしょう

Copyright© プログラミングスクール比較|プログラム歴10年のオレがおすすめ! , 2018 All Rights Reserved.