プログラミング学習をする上で大切なこと6選

更新日:

プログラミングスキルは、就職・転職に大きく役立つものとして注目されています。

現在大学や高校に在学されている方だけではなく、会社に勤めていて、転職を考えている方にもプログラミングを学ぶことはおすすめできるものです。

そして、これからプログラミングを学習する上で是非心がけておきたい大切なことがいくつかあります。

やみくもに勉強を始めてポイントを外してしまうと、プログラマーになるまでに遠回りになったり、あるいは就職がうまくできないといったことにもなりかねないのです。

ここでは、プログラミングを学ぶ上で大切なこと6選をまとめています。

1.ピンポイントで学習すること

プログラミングスキルを身につけるために学ぶプログラミング言語は数百個もの種類があります。

どれを選ぶかは、将来どの業界のプログラマーになるかで違ってくるのです。

一つのプログラマーの業界で使用する言語も一つではなく、コンピューターに同じ動作をさせるにも違う言語が使われることもあります。

プログラマーになるための早道は、自分がなりたいタイプのプログラマーがよく使う言語を”ピンポイントで学習すること”です。

自分がなりたいプログラマーのタイプをまず決め、それに合うプログラム言語を調べて勉強を始めましょう。

プログラミングスクールでは、職業別に学習するプログラムが設定されているので、自分で考える必要はありません。

プログラマーの種類によって必要なスキルと言語をひとまとめにカリキュラムとして組まれているので、それをこなしていくだけで大丈夫です。

書籍などを使って独学をする人が、この部分を外してしまいやすいのです。

余計な言語の学習に時間を使ってしまうと、就職までの時間が遠のく結果になりかねないのです。

2.スピーディーにマスターすること

プログラミング学習はスピーディーにマスターしてしまうという意識が大切です。

基本部分を短時間で学習し、後は練習作品を作りながら繰り返していくことで、本当に身につくのです。

いくら理屈で分かっていても、実際に試作品・練習作品を作れなければ、就職してから通用しなくなります。

短期間で集中して学習し、後は実務を想定した制作に時間をかけると、本当のスキルが身につくようになります。

スクールに通う人ならば、基礎的な部分だけでも集中してマスターしてしまうことを心がけましょう。

後は実践で応用しながら、付属的なことを学んでいけるようになるはずです。

3.スクールでも独学の感覚を持つこと

通学タイプでもオンラインタイプでも、スクールに通っている人の中には、言われたことだけを覚えるという学習の仕方をする人がいます。

学校の勉強ならこれでもいいかもしれません。
普遍的な答えを教える一般の学校の授業ならば、一度理解したことを何度も勉強し直す必要はないのです。

しかし、プログラミング学習は基礎的なことだけを学び、あとは自分で独学をしながら知識を拡張していくことが大切です。

試験があるスクールで、仮に高得点を取ったとしても安心できないということです。

またプログラミング言語は年々進化しています。

言語にも流行り廃りがあり、古い技術はすぐに時代遅れになります。

その時に正解だった答えが、数年後には間違いになってしまうことも少なくないのです。

スクールに通いながら、独学も併用することで、最新のプログラミング業界についていけるようになるのです。

4.疑問を疑問のままにしておかないこと

これはどんな勉強でもそうですが、プログラミングを学習するときも「疑問は早く解決しておく」ことが大切です。

コンピュータープログラミングの場合は、他の職業とは違い、小さなミスでプログラム自体が全く動かなくなったり、バグが発生することになります。

これは職業プログラマーとしては致命的なミスになってしまいます。

どんな小さな疑問でも、すぐさま解決する習慣をつけることも、プログラマーとしての重要な資質だとも言えるのです。

5.他人のプログラムを見て参考にすること

プログラミングは、答えが一つではありません。

どちらかというと、アーティストやクリエイターなどに近い部分があります。

複数の答えがあったり、答えそのものが存在しない分野だとも言えるのです。

なので、理論的にプログラミングを捉えるのではなく、他人が作ったプログラム作品を参考にし、そのテクニックを自分のものにする努力が大切なのです。

たとえば、Webサイトで素晴らしい動きをするものを見つけたら、それを自分でプログラミングから再現するといったトレーニングは非常に実力をい上げてくれます。

こういったことを繰り返していると、クライアントやプロジェクトリーダーが要望するプログラミングを作ることができるようになるのです。

6.遊び心を忘れないこと

就職のためにプログラミングを学習し始めると、きまじめになり過ぎて遊び心を忘れがちです。

他のスキル学習とは違い、プログラミングは答えがなく可能性が無限と言っても過言ではないくらいに拡張性の高いものですから、”頭の柔らかさ”がその人のレベルにもなるからです。

小学生にプログラミングを教えると、とんでもない吸収力と才能を発揮することがありますが、これもやはり”遊び心”があるからです。

世界の超有名なIT企業の中には、ただ毎日遊んでいるだけの部署があります。

なるべく頭を柔らかくし、普通では思いつかないようなアイデアを出すためにそうしているのだそうです。

堅苦しくプログラミングを捉えていると、集中力が続かないばかりか、発想力の必要な作業において実力を発揮することができなくなるのです。

まとめ

プログラミングという職業には独特な性質があり、たの職業のスキルを修得する場合とは学習方法も変えなくてはなりません。

これから独学・スクールによらずプログラミング学習を始める人は、ここで解説したようなポイントを心得ておきましょう。

現役エンジニアのオレがすすめるプログラミングスクール3選

IT関係の職業の中でもとくに不足しているのが「プログラマー」非常に将来性の高い業種なので、新卒者・転職者ともに希望をする人も増えているが、そこで不可欠なのが「プログラミングスキル」だ。

独学はお金がかからないというメリットはあるが、それ以外は無い。むしろ疑問の解消やスピード感、さらに最新の技術取得を考え、プログラミングスキルを習得するためには、専門のスクールが早道だということ。

1位:自宅で学べるオンラインスクール【TechAcademy】

「TechAcademy」は、日本e-Learning大賞・プログラミング教育特別部門賞を受賞した注目のプログラミングスクールです。

ライブ授業形式で進められる質の高い授業と、マンツーマンメンタリングといわれるカウンセリング機能の充実。

担当が1日8時間常駐して生徒の質問や不安の相談などを受け付ける、サポート体制が強いところが最大の特徴です。

2位:全国オンラインで学べる【WEBCAMP ONLINE】

WEBCAMP ONLINEは、運営企業が通学型や転職保証型のスクールを同時運営しているという規模の大きさが魅力。

最近の人気の高いオンラインスクールは、どこもサポート体制が優れていますが、WEBCAMP ONLINEも週2回のメンタリングサービスが提供されています。

おそらく業界でも最安値の10万円以下という低価格で、費用面で不安がある人に最適は疑いのないトコ。すでに3000人以上の卒業生がいます。

3位:TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::CAMPは全国で8ヶ所の拠点を持ち、プログラミングだけではなくIT/ネットビジネス全体のスキル習得を目指せる総合スクール。

生徒の質問や意見を取り入れ、授業内容を何百回も見直しているとのことで、勉強があまり得意でない人でも体感的にプログラミングスキルが身につけられる工夫が随所に見られます。

TECH::CAMPは主要都市に拠点が設けられていて、受講生は自由に利用することができます。受講料金がオンラインスクールの中では高額になりますが、カリキュラムのレベルやサービスの質の高さを考慮すると特別高くは感じないでしょう

Copyright© プログラミングスクール比較|プログラム歴10年のオレがおすすめ! , 2018 All Rights Reserved.