プログラミング学習の各方法のメリット・デメリットまとめ

更新日:

プログラミングスキルを身につけておくと、就活・転職でもかなり有利な材料となります。

現在では多くの人が、将来プログラマーになることを希望するはずです。そして、問題になるのが「学習方法」ではないでしょうか?

プログラミング学習には様々な方法があり、どれを選ぶかで身につけるまでの時間にも違いが出ます。

ここでは、数多くあるプログラミング学習の方法を挙げ、各方法のメリットとデメリットを解説しています。

プログラミングを「独学」で学習する

プログラマーの多くは「独学」で学習をしています。現在スクールの講師をしている人の多くも独学で学んでいるのです。

昔はプログラミングスクールがまだ少なく、社会での認知度も低かったために、そうするしか方法がなかったという背景もあります。

独学のメリット

プログラミング学習を独学でするメリットには次のようなものがあります。

  • お金がかからない
  • 自分のペースで学習できる

プログラミング学習で独学で選ぶと、ほとんどお金がかからないのが最大のメリットだといえます。

現在ではネット情報や図書館の書籍を使った方法だけでも、かなりのハイレベルな学習をすることができるのです。

独学のデメリット

プログラミング学習を独学ですると、次のようなデメリットがあることも覚えておきましょう。

  • 疑問に答えてくれる人がいない
  • 書籍の購入を間違えることがある・お金がかかる
  • 学習スピードがスクールよりも遅い
  • 間違った知識を覚えてしまうことがある
  • 自分のスキルレベルが把握できない

独学の最も深刻なデメリットは「疑問・分からないところに答えてくれる人がいないこと」です。

書籍や学習サイトなどには、体系的には解説されていますが、すべての疑問を解消できるような情報を得られるわけではありません。

それによって、スクール出身者よりもマスターする時間が長くなる傾向にあるのです。

また、間違った情報を覚えたまま、誰にも指摘されずにいることもデメリットの一つです。

1人で勉強をしていると自分のスキルレベルが把握できないので、実務に耐えられるものかどうかの判断が難しくなるという不安もつきまといます。

プログラミングを「プログラミングスクール」で学習する

プログラミングは、未来の職業として重要視されているので「プログラミングスクール」もたくさん開校されています。

これからプログラミングを覚えたい、という人が最初に思いつく方法がスクールに通うということではないでしょうか?

新しいスキルを身につけるのですから、正攻法だと言えます。

プログラミングスクールは大学で専攻できる学部もありますし、専門学校もあります。

また、もっと簡易的な街のプログラミングスクールのようなものもあり、最近では小中学生に人気があります。

プログラミングスクールのメリット

プログラミングをプログラミングスクールで学ぶメリットは以下です。

  • 疑問に答えてくれる講師がいる
  • マスターするスピードが早い
  • 就職先まで紹介してくれる場合が多い
  • 仲間ができる

スクールでプログラミング学習をすると、専門の講師がいるので、やはり学習スピードは早くなります。

また、プログラミングスクールの多くは、IT企業などと提携しているので、卒業をするとそのまま就職先を紹介してくれたりもします。

プログラミングスクールのデメリット

質の高いプログラミング学習ができるスクールですが、デメリットもたくさんあります。

実際にスクールに通えないことプログラマーの道を断念する人も多いので、デメリットもしっかりと知っておきましょう。

  • 授業料が高い
  • 授業をう受ける時間を作るのが難しい
  • 授業のスピードについていかなくてはならない
  • 教室まで通う手間と交通費がかかる

プログラミングスクールの最大のデメリットは「お金がかかる」「時間を作るのが難しい」というところでしょう。

大学進学をプログラミングスクールにした学生ならば、このデメリットの心配はいりません。

しかし、一度社会に出た人が転職するためのスキルアップとしてプログラミングスクールを選ぶと、このデメリットが障害になるのです。

また、複数人で授業を受けて進めるために授業についていけないことも少なくなく、それが原因で挫折をしてしまうケースも考えられます。

教室まで通う時間と交通費がかかるのも、一般的な学校と同じデメリットです。

プログラミングを「オンラインスクール」で学習する

最近プログラマーを志望する人の中で利用者が増えているのが「オンラインスクール」です。

オンラインスクールとは、ビデオとチャット機能を使って学習する、プログラミングの通信講座です。

オンラインスクールには個別タイプ(オンデマンド)と定時制タイプに分かれていて、受講生の生活スタイルによって選択することが可能です。

オンラインスクールのメリットとデメリットを見てみましょう。

オンラインスクールのメリット

プログラミング学習の種類の中で、オンラインスクールはメリットの多いことで知らています。

とくに転職者や主婦などが利用しやすいシステムの性質があるのです。

  • 受講料が教室タイプのスクールよりかなり安い
  • 疑問や質問に回答してくれるシステムがある
  • 自分のペースで受講することができる
  • スピーディーにプログラミングスキルを身につけることができる
  • 通学する必要がない
  • 卒業後の就職サポートがある

オンラインスクールは、教室タイプと独学のメリットを合わせ持っているのが特徴です。

オンラインスクールのデメリット

プログラミング学習ができるオンラインスクールにも多少デメリットはあります。

  • 独学に近いのでサボりやすい
  • 最初に学習環境を自分で揃える必要がある

まず、オンラインスクールと言っても、自宅でする独学に近くなるので、通学タイプのスクールに比べるとサボりやすいということがあります。

また、プログラミング学習をするためには、最低限の性能のあるPCを揃える必要があったり、プログラミングをする専用ソフトを自分でインストールをする必要があります。

プログラマーを目指す人の中には、全くPCに触れたことがない人もたまにはいるようなので、そういった方ならば学習するまでに少し時間がかかることもあるかもしれません。

まとめ

これら以外に「知人に教えてもらう」という人もいるかも知れません。

知人に現役のプログラマーがいて、その人から習うのです。

しかし、プログラマーは職業としてかなり忙しく、業界に入ったっとしても勉強の連続になります。

未経験者にプログラミングを手取り足取り教えるのは、非常に骨の折れることになるので、独学かスクールに通って、理解できないところだけを質問する程度にしておいた方が良いでしょう。

現役エンジニアのオレがすすめるプログラミングスクール3選

IT関係の職業の中でもとくに不足しているのが「プログラマー」非常に将来性の高い業種なので、新卒者・転職者ともに希望をする人も増えているが、そこで不可欠なのが「プログラミングスキル」だ。

独学はお金がかからないというメリットはあるが、それ以外は無い。むしろ疑問の解消やスピード感、さらに最新の技術取得を考え、プログラミングスキルを習得するためには、専門のスクールが早道だということ。

1位:自宅で学べるオンラインスクール【TechAcademy】

「TechAcademy」は、日本e-Learning大賞・プログラミング教育特別部門賞を受賞した注目のプログラミングスクールです。

ライブ授業形式で進められる質の高い授業と、マンツーマンメンタリングといわれるカウンセリング機能の充実。

担当が1日8時間常駐して生徒の質問や不安の相談などを受け付ける、サポート体制が強いところが最大の特徴です。

2位:全国オンラインで学べる【WEBCAMP ONLINE】

WEBCAMP ONLINEは、運営企業が通学型や転職保証型のスクールを同時運営しているという規模の大きさが魅力。

最近の人気の高いオンラインスクールは、どこもサポート体制が優れていますが、WEBCAMP ONLINEも週2回のメンタリングサービスが提供されています。

おそらく業界でも最安値の10万円以下という低価格で、費用面で不安がある人に最適は疑いのないトコ。すでに3000人以上の卒業生がいます。

3位:TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::CAMPは全国で8ヶ所の拠点を持ち、プログラミングだけではなくIT/ネットビジネス全体のスキル習得を目指せる総合スクール。

生徒の質問や意見を取り入れ、授業内容を何百回も見直しているとのことで、勉強があまり得意でない人でも体感的にプログラミングスキルが身につけられる工夫が随所に見られます。

TECH::CAMPは主要都市に拠点が設けられていて、受講生は自由に利用することができます。受講料金がオンラインスクールの中では高額になりますが、カリキュラムのレベルやサービスの質の高さを考慮すると特別高くは感じないでしょう

Copyright© プログラミングスクール比較|プログラム歴10年のオレがおすすめ! , 2018 All Rights Reserved.